ABOUT US

沿革

1952(昭和27年)田島一男、(株)鳳商会設立。
1967(昭和42年)社名を(株)鳳商会から(株)フェニックスに変更。問屋業からメーカーに業種変換。
1971(昭和46年)新潟県新発田市に、(株)フェニックス・ソーイング設立。
1972(昭和47年)田島和彦、代表取締役社長に就任。フェニックス商品研究室設置。

1960年代後半、日本国内は工業・産業の発展により高度経済成長期を迎え、1968年には国民総生産(GNP)がアメリカに次いで世界第2位となりました。しかしながら1970年代前半の第4次中東戦争により発生したオイルショックは日本の経済にも一定の打撃を与えることになりました。当社は1967年に問屋業からメーカー業に業種をシフトし、機能性に優れたウエアの開発・製造を始めました。1970年代に入るとスキーウェアの製造・販売に注力し、売上高も順調に拡大していきました。

1975(昭和50年)札幌営業所開設。

当社は、スキーウェアとして日本で最初にダウンジャケットをリリースしたパイオニア的ブランドであり、見えない部分の品質や細部にまでこだわった高品質ダウンジャケットは、当時のファッションとして、またスポーツウェアとしても爆発的なヒット商品となりました。

1977(昭和52年)大阪営業所開設。

当社では「GORE-TEX」を他社に先駆けてスキーウェアに導入し、プルオーバースタイルで胸元にファスナー、ポケットを多く取り付けた画期的なスキーウェア「ピステトレーナー」を発売しました。「GORE-TEX」スキーウェアの中綿保温素材としてNASAが開発した「スペースコートSP27」を採用、「スキーウェアを科学する」という開発路線を推し進めました。

1983(昭和58年) 新潟県新発田市にテクニカルリサーチ設立。売上高100億円突破。

「Kappa」ブランドでは「動きからの抵抗をゼロにする」、「環境からの抵抗をゼロにする」というコンセプトのもと、3層構造の生地を開発、外側表面にメタライジング技術によってアルミニウムを蒸着させることで、太陽光線や外気温の熱を反射し、体温の上昇を防ぎ、無駄な発汗による体力の消耗を防ぐ「ph7.4MZ」素材を開発しました。1984年ロサンゼルスオリンピックでは、新素材を採用したウェアを着用したアメリカ陸上競技チームは大活躍を果たし、カール・ルイスやフローレンス・ジョイナーなど有名選手が着用して活躍することで一躍脚光を浴びました。更にランニングシャツとパンツを着用したジョン・ベノイトが金メダルを受賞し、フルマラソンのウェアとしても実力を発揮しました。

1994(平成6年)ホテルグランフェニックス奥志賀オープン。中国上海に合弁会社「上海鳳達服装有限公司」を設立。
1995(平成7年)中国上海に2社目の合弁会社「上海菲尼克斯制衣有限公司」を設立。

フェニックスの歴史に息づくのは、旺盛なフロンティア精神です。創立以来次々と革新的な製品を開発し、常にスポ-ツウェアの新時代を切り拓き、日本人が求めるこだわりと細やかさに応えたウェアづくりを提案し続けてきました。

2004(平成16年)資本金4.95億円に増資。12月1日、オリックス全額出資子会社を受皿とし会社分割により新生フェニックスがスタート。オリックス株式会社投資銀行本部より木村司が社長に、佐藤欣一は取締役に就任。

2004年8月30日、さらなる発展を期して財務基盤の整理と強化を行うため、オリックスをスポンサーとして産業再生機構の支援を得ることを発表し、新生フェニックスがスタートしました。再生計画も順調に推移し、2005年12月27日、産業再生機構による支援が終了しました。

2006(平成18年)2月21日、新生フェニックスの企業価値や、進むべき方向を凝縮した企業ステイトメント「THE PHENIX STATEMENT」を制定。これにあわせて、コーポレート・ロゴを一新、新生フェニックスとして本格スタートを切る。
2008(平成20年)4月25日、香港証券市場に上場する中国動向(集団)有限公司に株式譲渡契約締結。出資比率は中国動向91%、オリックス9%となる。5月1日、中国動向グループの陳義紅が会長に,孫建軍が社長に就任。9月、「Kappa」ブランド初の直営店を東京都渋谷区にオープン。

当社の商品開発力と中国での生産プラットフォームを融合させ、グローバルなビジネス展開を強化するため、2008年4月25日、中国動向(集団)有限公司の傘下に入りました。「ものづくりカンパニー」の基盤を更に確固たるものにし、グローバル戦略推進に新たな一歩を踏み出しました。

2009(平成21年)5月7日本社を新宿に移転。企画開発センターを設立。10月1日、「inhabitant」ブランドの旗艦店として、原宿キャットストリートにinhabitant Store Tokyoオープン。12月5日、Phenix Store Sapporoを札幌市にオープン。
2010(平成22年)8月8日、「Kappa」ブランド関西地区初の直営店を大阪市内にオープン。
2011(平成23年)中国動向グループにより中国北京に「北京中翼鳳凰体育用品有限公司」設立、「Phenix」ブランド中国マーケットデビュー。
2013(平成25年)「inhabitant」ブランド関西地区初の直営店として、グランフロント大阪にinhabitant Store Osakaオープン。